ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

Twitterのタイムラインを見て劣等感を感じる必要はない

f:id:aozora31101:20180704084430p:image

 

 

青竹(@aozora31101)です。

 

皆さんTwitterはやってますか?

 

やってる人達は毎日お気に入りのユーザーや価値観の合う人達のつぶやきを見ていることと思います。

 

そんな中で、タイムラインを見ていると

自分よりもすごい実績や体験をしてて、「それに比べて私は…」って感じる人もいるのではないでしょうか?

 

今日はTwitterのタイムラインを見てヘコむ必要は無いという話です。

 

Twitterのタイムラインは魅力的な人ばかり。

 

Twitterでタイムラインを更新すると、

羨ましくなるような報告ばかり上がってませんか?

 

例えばブロガーで言えば「月に10万PV達成しました!」や

「今月の収入が5万円を超えた!」などなど。

 

最初は「すげー!」と思ってても、毎日見ていると段々「それに比べて自分は…」なんて徐々に思ってきてしまうかも知れません。

 

気にしなくていいです。

 

何故なら人がTwitterに情報を書くのは大体、自分の成功体験で一番いいもの。

 

つまり一番綺麗な部分を書くものだからです。

 

みんな自分の失敗やダサい部分は語らない。

 

Twitterで人がつぶやくのはやっぱり

「自分のやった事を認めて欲しい」というものがあるからなんです。

 

だから「いいね」や「リツイート」が貰えると認められた気分になって嬉しくなるもんです。

 

人の認めてもらうためにはネガティブな事や失敗経験つぶやくよりも、成功体験やポジティブな言葉を語った方が注目浴びやすいですからね。

 

だから自分の経験で1番輝かしい経験をつぶやくわけです。

 

実はタイムラインですごいと思ってる人もダサい失敗やネガティブな感情持ってるもんです。

 

ただそれを表に出してないだけです。

 

だからタイムラインの成功してる人達を見て、「それに比べて自分なんて…」なんて思わなくてもいいです。

 

上には上がいるし、下には下がいます。

比べたって仕方ないです。

 

ましてやタイムラインを見て落ち込むなら、尚更です。

 

Twitterは自分の光ってる部分しか見せない。

 

なんでこんな事を思ったかというと、

僕自身がそういうすごいブロガー達を見てて、

「自分なんて…」って思ってしまったからです。

 

でも基本的に成功者は多く語るけど、

失敗した人は多く語らないんだろうなと気づけたので、この記事を書いた次第です。

 

それとこんなつぶやきを見たのも

今回書こうと思ったきっかけでした

 

このツイートを見て、

「いやいや人と比べなくても大丈夫でしょ!」っと思った瞬間。

 

「あ、自分もこう思うことあるな」と気づきました。

 

最近読んだ本でも物語の中でTwitterが登場していて、タイムラインで綺麗な呟きを、裏アカウントでドロドロな本音を語ってるシーンがあってそれも今回の記事に繋がってます。

 

www.jack-go-rantan.com

 

 

まぁ何にせよ人のタイムラインを見てヘコむ必要はないです。

 

人それぞれ出来る事は違うし、

あのすごい人だって弱くて人に見せたくないダサい部分はあります。

 

だから人は人、自分は自分の気持ちでTwitter楽しんでください

 

青竹(@aozora31101)でした

´ω`)ノではでは