ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

カーナビの指示に従ったら411km走らされた話。

f:id:aozora31101:20180815155116j:plain

 

青竹(@aozora31101)です。

 

先日、家族で海水浴に行ったのですが結構な長距離ドライブでした。

僕は自家用車は持って無くてカーナビ付きのカーシェアを利用することが多いのですが、カーナビの指示に素直に従ったら411km走らされた話をしようかと思います。

 

機械に頼りすぎるのも考えものですね。

 

 

 

カーナビに頼るばかりの運転スキル

 

僕は30代目前まで免許を持っていなくて、今でも自家用車は持っていません。

 

だから車を運転する時はもっぱらタイムズのカーシェアを利用しています。

 

www.jack-go-rantan.com

 

ネットで予約できて、分単位で借りることも出来て、ガソリン利用は無料!などの色々とメリットの多いタイムズのカーシェアです。

 

カーシェアであるが故に、運転の回数は少なくなります。

 

そのため、カーナビがなくても目的地まで向かえるというスキルを鍛えることが少なく、もっぱらカーナビに頼りっぱなしで運転をしていました。

 

免許取り立ての18歳19歳ぐらいが悩みそうな問題を31歳のオッサンが解決しないまま今回の1日に411km爆走という悲劇を生みました。

 

海水浴の日にカーナビに頼った結果トラブル続き

 

先日、妻と2歳になる息子を連れて初めての海水浴に行きました。

 

www.jack-go-rantan.com

 

 

息子にとっては人生初の海水浴で「キレイな海で安全に泳がせたい!」という思いもあり、ネットで検索すると兵庫県の北部、日本海にある竹野浜海水浴場という所がキレイという情報を得たので、そこで泳ぐことに決めました。

 

目的地は兵庫県の一番北で日本海、僕が住んでいるのは、兵庫県の南部ですので、兵庫県の一番南から一番北まで行くルートでした。

f:id:aozora31101:20180815150604j:plain

 

だから元から距離のあるルートではあったのですが、カーナビに頼った結果距離が爆発的に増えたり謎のルートを選択されて翻弄されました。

 

海で1~2時間遊んでから帰る為に、最適なルートを選ぶために探すと、距離も短く料金も安いルートを見つけたのでそのルートでカーナビを設定して帰る事に。

 

「最適なルートが見つかりました。」と自信を持って言うカーナビの彼女を信じて出発。

 

海で疲れたなか頑張って帰りの道を運転しはじめたのですが、いきなり車幅が激狭い山道を30キロ近く走らされました。

 

どこの頭文字Dだ?って思うぐらい峠を責めさせられて、ほとんど運転しない実質ペーパードライバーの僕はかなり苦しめられました。

 

最適なルートのはずが、後続車両も前を走っている車もありません。

 

なんかおかしくねえか…?と思ったの束の間、次のおかしな現象。

 

兵庫県の南部と北部を往復するだけのルートなのに、車のナンバーや青看板に現れる「京都」の文字。

 

なんと気づけば、京都から迂回するルートを彼女(カーナビ)は選んだみたいです。

 

f:id:aozora31101:20180815151827j:plain

行けども行けども消えぬ京都の文字。

 

「次は西大寺を右折してください」などと、カーナビの音声からも寺の名前が出てくる始末。間違いなくここは京都だ。

 

「あっ、きっとこれはアレだ。一見遠回りなように見えて、最速で帰れるルートなんだ。」と思いながらも運転を続けることに。

 

ひたすら下道を何十キロも走り続け1時間ほど経過し、やっと高速に乗り込みホッと一息ついたのも束の間。

 

激・渋滞

 

はるか先までテールランプが続き、まるで螢の河のように美しい情景がそこには広がっていました。

 

高速道路に乗り込み絶望した状況で彼女(カーナビ)から一言。

 

「この先、渋滞が発生しています」

 

うん、知ってる。明らかに渋滞だ。忠告が遅すぎる。

君の選んだ最適なルートとは一体何だったのか?

 

そこからは地獄、時速15キロのペースで高速道路を走り続け、ひたすら前のテールランプとの距離を調整するだけの仕事。

 

渋滞が解消されても、怒りから解き放たれた渋滞に並んでいたドライバーがハイビームと共にF1の如く飛ばしまくる一触即発の光景。

 

海までの距離が長かったとは言え、普通に帰れば3時間で帰れるはずだったのに最終的に帰りの運転時間は6時間。

 

カーナビに頼った結果、訳の分からないルートで帰り、走行時間は倍になり地獄のような帰宅ルートになりました。

 

運転しない時間もありましたが、その日が人生で一番運転をした時間だと自信を持って言えます。

f:id:aozora31101:20180815153250p:plain

1日で411キロ走るなんて思ってもみませんでした。

 

彼女(カーナビ)の言う最適なルートとは何だったのか?

 

帰り道、彼女(カーナビ)が数々のルートを比較検討して提示した「最適なルート」とは一体何だったのでしょうか?

 

僕の解釈で言えば最適なルートとは【金額が安く】【距離も短く】【運転時間も短い】という解釈だったのですが。

 

恐らく彼女の中で【あなたの精神力を鍛える為の最適なルート】だったのだと思います。

 

行きの運転も長時間運転して、海で遊び疲れ果てた体のなか帰宅するのにカーナビに頼った僕を罰するように、過酷なルートを彼女は最適なルートとして選び、僕を鍛え上げる為に選択したのだと思います。

 

そうでもないとあのルートを選ぶはずが無い。

 

道具やツールは便利で使いこなせば楽になるものですが、あまりそれに頼りすぎると機械を使っているのか機械に使われているのか分からなくなる時があります。

 

あまり機械に頼りすぎないように自力で解決する方法を選択するのも大事なことだと今回の件で僕は学びました。

 

 青竹(@aozora31101)でした。

(・∀・)ノではでは