ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

低学歴がブラック企業から転職した実際の方法を書きます

f:id:aozora31101:20180702202957j:image

 

 

 

青竹( @aozora31101)です。

 

このブログでよく書いていますが、

僕はブラック企業から、そこそこホワイトな企業に転職する事ができました。

 

よく考えたら、ブラック企業から転職するまで実際の具体的な流れを書いた事がなかったので、今回はその事について書いてみようと思います。

 

 

 

勤めていた会社はどれぐらいのブラック企業だったのか?

 

僕が去年まで勤めていた広告代理店の会社はそこそこのブラックだったと思います。

 

  • 給料10万円後半
  • ボーナスなし
  • 残業代なし
  • 毎日2時間ほどのサービス残業をしなければいけない
  • 休日出勤(無給)もあり

 

やっていた職種はデザインで、この業界で長時間労働は珍しくないのですが、それでも妻も子供も居る環境でこの労働条件はキツイものがありました。

 

仕事が無くても帰ってはいけない

その会社はバリバリの営業色の強い会社で体育会系マックスの会社でした。

 

なので後輩が先輩より早く帰ることは許されないし、実際に帰ると何度も注意をされました。

 

まぁそういう上下関係も必要なのでしょうが、僕が納得いかなかったのは仕事が無くても帰ってはいけないという事。

 

当然自分の仕事も終わらせ、上司や同僚に

「何か手伝う事ありますか?」と聞いても

「いや、今のところは無いなぁ」と言われます。

 

よし、じゃあ帰ろうかな。と思い上司よりも先に退社することを続けた結果、呼び出され「上司よりも先に帰るな」と言われる始末。

 

同僚の〇〇は残業して偉いな!頑張ってるな!という評価がある事も伝えられました。

 

このサービス残業すればするほど、

上層部の評価が上がるという体育会系バリバリの価値観も辞めた原因の1つでした。

 

辞める直前には社長直々に「夜の9時10時ぐらいまでサービス残業すればいい」というのを面と向かって言われた事もあります。

 

ある時には

「もうお前らも30歳を過ぎて転職なんて出来ないんだから、ここで頑張るしかないぞ」とも言われました

 

shiritai1101.hatenablog.com

 

今、振り返ればこの時の社長の発言で転職を決意したんだと思います。

 

なぜ他人に自分の人生の生き方を決められないといけないのか?

 

自分より確かに社会的にも成功しているし、

人格的にも優れている部分はあるでしょう。

 

でも、それでも毎日苦しんでいる中で

理不尽な労働環境で働いてる中、

全員の前でそんな事を言われたもので、

僕は完全に転職をすることを決意しました。

 

shiritai1101.hatenablog.com

 

実際に転職する為に何をやったか?

 

最初は「転職 方法」で検索すると転職エージェントがいいという情報をネットでしこたま見ましたので試してみました。

 

土日でも電話面談出来るとのことで、

実際に電話してみました。

 

ところが結果はひどいものでした。

詳しくはこちら。

 

shiritai1101.hatenablog.com

 

まぁー、惨敗でしたよ。

 

そりゃ

  • 30歳過ぎ
  • 偏差値の低い高卒
  • ニート期間あり
  • 27までフリーター
  • デザインのスキルがあるか希望してるのは新しい職種
  • デザイン以外にはこれといったスキルもなし

 

これで普通の会社に入れてくれって言われても

転職エージェントからしたら

「無理無理無理!!」って

内心なりますよね。

 

そりゃそうです。

 

 

転職エージェントも、

もちろんボランティアでやってる訳ではない訳です。

 

 

数字の目標もありますし、その数字は自分の担当した転職希望者が実際に受かった企業のレベルによって大きく変わります。

 

 

だから僕のように何のスキルもない、転職希望者をフォローしたところで実りが少ないし、やるならもっとスキルのある転職希望者を相手にしたい訳です。

 

 

実際紹介されるのは、

残業ありまくりの工場ばかりでした。

 

 

そして僕は転職エージェントを利用することを諦めました。

 

転職評判サイトでひたすらチェックする。

 

募集の仕事が見つかっても、すぐに応募をすることはしませんでした。

 

だって転職するのにまたブラック企業になるのは嫌でしたから。

 

 

そこで利用したのが

「Vorks」や「転職会議」などの企業口コミサイト。

 

簡単に説明すると、実際にそこで働いてる社員や働いたことのある社員のリアルな口コミが書かれているサイトです。

 

転職の方法を集めている段階で、こういうサイトの存在を知って試しに自分の勤めていたブラック企業を検索すると。

 

死ぬほどリアルな職場環境の情報が出てきました。

 

もうこれ絶対、働いたことのある人間にしか分からない情報だろ…というものが事細かく出てきました。

 

サービス残業が横行していること。

特定の人物が大声で叱責するような人間であることなどなど…。

 

これを利用しない手は無いな。と思い求人サイトで検索しまくり、気になったのを見つけては口コミチェックの繰り返しでどんどん厳選していけました。

 

幸か不幸か(まぁ不幸だが)僕のスペックは著しく低い為、選択肢はそこまで多くありませんでした。

 

学歴不問、年齢不問で、サービス残業のない仕事。

 

そして僕は希望にかなり近い仕事を求人サイトのindeedで見つけました。

 

面接、そして契約社員として採用。

 

希望してる会社は契約社員としての募集で数ヶ月の勤務の後、正社員として雇用されるというものでした。

 

まずは派遣会社との面接。

 

ブラック企業の方には嘘をついて体調が悪いと伝えて面接に向かいました。

 

本当に生きるか死ぬかの瀬戸際でしたから嘘をつくことに対する罪悪感はありませんでした。

 

そして派遣会社との面談が終わって、

実際に働く会社に担当エージェントと一緒に向かい面接をしました。

 

かなり緊張しましたが、根暗な自分は忘れて最大級の明るさで面接に臨んだ結果、無事に契約社員として採用されることに。

 

採用も決まったので、上司や上層部に辞める旨を伝えると引き止められる事もなく2週間後には退職することが出来ました。

 

契約社員期間も終わり無事に正社員になれています

 

数ヶ月の雇用期間も終わり、戦力になるという上の判断もあり無事に採用してもらい前の職場とは別世界の環境で働いています。

 

【ブラック時代】

  • 給料10万円代
  • 残業代なし
  • ボーナスなし
  • 寸志もなし
  • サービス残業必須。
  • 休日出勤(無給)あり
  • 会社の人間関係がドロドロ
  • 精神論がメイン

 

【現在の会社】

  • 給料月に8万円アップ
  • 残業代あり
  • ボーナスあり
  • 仕事が無くなったら即時帰っていい(ほぼ定時帰り)
  • 会社が明るい人ばかり
  • 精神論なし。問題があれば論理的に解決していく

 

 

正直言って一変してます。

 

かなーり生きるのが楽になりました。

 

「どこの会社に行っても同じ」

「30超えて転職なんか無理」

「お前のスキルじゃどこにも雇ってもらえない」などと色々と言われましたが、無視して突破した結果、普通に生きれることが出来るようになりました。

 

 

以上が

【高卒】

【ニート期間あり】

【30歳超え】

【27までフリーター】

【何のスキルも無し】

【子持ち】

の男が実際に転職に成功した流れです。

 

自分の年齢では…。

自分のスキルでは…。

自分の学歴では…。などと諦めず求人サイト探しまくってみてください。

 

日本には170万近く会社があります。

「どこの会社も同じ」な訳無いんです。

 

転職の方法まとめ

  • スキルや学歴に自信がある人は転職エージェントを利用しよう
  • 企業の口コミサイトをフル活用してブラック企業じゃないかチェックしよう
  • 転職エージェントが無理なら普通の求人サイトで毎日チェックしまくろう
  • 面接を受けるためには嘘をついて休むのもあり。生きるために逃げるのは悪いことではない

 

以上です。

 

青竹( @aozora31101)でした

´ω`)ノではでは