ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

小さな親切が信頼関係を生む。

f:id:aozora31101:20180406211841j:image

人間関係で上手くいかず悩んでいる人達も多いかと思います。

 

今日はそんな人達に向けて

信用と貯金は似ているって話をしようかなと思います。

 

 

 

信用って積み重ねだ。

 

あなたの好きな人間ってどんな人ですか?

 

恋人、友人、上司。なんでも良いです。

きっとその好きな人・尊敬してる人は精神的にしっかりしていたり、誠実な部分もあるような人なんじゃないんでしょうか?

 

 

礼儀正しくて、誠実で一生懸命真っ直ぐな人が嫌いって人はそうそう居ないと思います。

 

人から信用される人ってどんな人なんでしょうか?

 

役職が上?

金持ち?

仕事が出来て実力がある?

 

そうではなく、普段から小さな親切を行う人が、人から信用される人は普段から礼儀正しかったり少しだけ助けてくれたりなど、大きな事をやるよりも普段の行動から優しい人が信用できる人だと思います。

 

それは別に行動じゃなくても良いんです。

 

ただ笑顔で明るく雑談を繰り返す。

こんな事でも信用って築けていけます。

 

 

逆に信用のない人って、

仕事が出来ても役職があっても

「小さな不親切」を繰り返す人だと思います。

 

実力があっても、

相手を少しだけ傷つけて小馬鹿にしたり、

小さな嘘をついたり、

約束を守らない事が多かったり。

 

相手に対して、小さな不親切を繰り返す事で、

あっという間に周りからは「嫌な人」という認識になります。

 

このように人から信用されるのって、

何か大きな成功をしたり、

人より上になったりしたりして生まれるものじゃなくて、

普段の小さな親切が信用を生み、

信頼関係に発展していきます。

 

自分を大きく見せたり、

自分の成功だけ目指したり、

高圧的に上下関係を示そうとしても、

100パーセント人からは信用されません。

 

 

普段より少しだけ優しくしてみませんか?

 

普段からコミュニケーションが苦手で人に対してどう接したらいいか分からない人も、

普段より少しだけ明るくなってみませんか?

 

普段の挨拶をいつもよりちょっとだけ明るく言ってみたり、

相手との雑談で笑いをちょっと増やしてみたり、

いつも無表情な事が多いならちょっとだけ笑顔を足してみたり。

 

少しずつでも相手との関係性が改善されるはずです。

 

青竹でした。

では´ω`)ノ