ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

信用を得るには大きな事をするよりも、小さな親切が大事。

人間が生きてきて悩むことの大半は「人間関係」です。

 

仕事をしていても上司や部下の人間関係で悩むこともあると思います。

 

上手くやろうとしてるはずなのに、なぜか嫌われてしまったりして苦しい思いをしてるかも知れません。

 

人間の信用というのは何か大きな事をやるよりも、普段からの小さな行動によって高まったり低くなったりします。

 

今日は「人からの信用は何によって得られるのか?」という話を書こうと思います。

 

仕事は相性の合わない人間でも一緒に働かなければいけない

 

学生であればウマの合う人間だけとグループを作って楽しく出来ますが、仕事の場合は人事が決めたチームでやる事になります。

 

そこでは人間関係の相性なんてものは一切考慮してくれません。

 

だから気の合わない上司に当たって毎日イライラする日々を送ったりもします。

 

それでもそこは感情をコントロールして、表面上は仲良くしなければいけません。

 

会社というのは「上下関係」や「和」を大事にします。

 

だから本音の乗った感情を出し、和を乱す人間は毛嫌いされます。

 

嫌いな人間でもその感情を出さず、まるで好意があるように出せれる人間は社会的コミュニケーション能力が高い人です。

 

ある特定の嫌な上司が居たとします。

 

自分が対応した時と、別の人が対応した時のその上司のリアクションが全く違ったことは無いですか?

 

自分に対しては露骨に嫌いオーラを出すのに、別の人には笑顔全開で対応する。などのように。

 

単純に相性の問題もありますが、これは別の人が「普段から小さな親切」を繰り返してるから、その上司からの信用度が高いからです。

 

信用を得るには大きな事を達成するよりも、普段から小さな親切を繰り返す

 

誰かから信用を得るには「大きな事を達成すれば得られる」と思ってる人も多いでしょう。

 

例えば仕事で言えば大きな目標を達成すれば、嫌われてる人からも信用を得られるなど。

 

でも「信用」というのはそういう「大きな達成」よりも「普段からの小さな親切」で増えていきます。

 

例えばあなたが仕事で働いてる中に苦手で嫌いな人が居たとします。

 

何を聞いても暗い雰囲気で、表情も不機嫌そうで、こっちと仲良くする気が全く感じれない人間です。

 

しかも攻撃的で理屈に合わない言葉ばかり言って、自分の意見は通そうとするが人の意見は一切考慮しない人間。

 

そんな人が何か大きな目標を達成した時に

「あの人は凄い人だな!尊敬できるし、好意を持てる!」となるでしょうか?

 

ならないと思います。

 

なぜならその人は「普段からの小さな不親切」を重ねる事によって信用度を失ってるからです。

 

普段から人に対して不誠実な対応や、自己中心的な行動・言動を繰り返すような人が大きな成果を残しても誰も好意を示しませんし、信用もされません。

 

逆に普段から小さな親切を繰り返す人は大きな成果を残さなくても人から信用されます。

 

信用を生む「小さな親切」とは?

あなたが好意を向ける人は、大きな成果を残さなくても一緒にいて楽しいような人だと思います。

 

例えば、笑顔が多い、話し方が明るい、こっちが困ってる時に助けようとしてくれる、相手の話を聞こうとするなどなど。

 

信用を得る人というのは他人に対してサービス精神のある人です。

 

相手から見て自分がどういう存在であれば、相手に「快」の感情を与えるのかちゃんと考えてる人です。

 

もし明るく礼儀正しい素直な人と、暗く自分勝手で融通の利かない人間とどっちと一緒に居たいかと言えば大半の人は前者を選びます。

 

なぜなら小さな親切を繰り返すサービス精神のある人間と一緒にいると気分が良いからです。

 

小さな親切は難しくはないです。

 

毎日明るく接する、相手の話を聞く、少し困ってたら手伝うようにするなど少しの事でいいのです。 

 

でもそんな小さな親切を繰り返す事が人の信用を高める一番いい方法です。

 

信用を得る人と得ない人の違いは、自分の行動を決める時に「自分」があるか「相手」があるかの違いです。

 

もし「自分」を主軸にすれば

・自分はこう思う

・自分はこう言いたい

・自分はこうしたい

 

など全部の基準が自分にあります。

 

「他人」が主軸の人は

・あの人はなにを求めてるんだろう

・あの人は何に困ってるんだろう

・あの人は何が言いたいのだろう

 

と相手の気持ちを主軸に置きます。

 

親切な人は相手の感情を読み取ろうとします。

相手の求めている事を考えて、行動する人は毎日小さな親切を繰り返します。

 

ひとつひとつは小さいですが、1年も積み重ねれば信用される人間になるか信用されない人間になるかが決まります。

 

ではでは

´ω`)ノ