ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

迷ってる時間は無駄、その時間があれば行動できる

普段生活していると、色々なシーンで「悩み、迷う時間」はあります。

 

人生の一大決心の場面とかはじっくり迷う悩んでもいいと思うのですが、普段の何気ない行動は「迷うぐらいなら行動するべき」といつ記事を書こうと思います。

 

悩んでる時間があれば行動できる

 

何か1日のうちで、仕事でもプライベートでも良いですけど「やるべきか?やらないべきか?」で迷う事は多々あると思います。

 

その考える時間は必要かも知れませんが、普段の選択なら数十分もかける必要はないです。

 

最近、僕は朝のジョギングを日課にしてるのですがその日は予報は雨でした。

 

でも朝起きると曇り空で「あれ?これ雨降らないんじゃね?でも、もうすぐ降りそうだしな…うーん、行くべきかな…止めるべきかな…」とウダウダ考えてるうちに30分経ってしまいました。

 

結局、その悩んでる時間の間に即・行動すれば走りに行けたんですよ。

 

まぁ例として僕のパターンを挙げましたけど、皆さんもこういうシーンは過去にあったと思います。

 

会社での悩みを上司に相談するべきか、しないべきか。

電話を掛けるべきか、掛けないべきか。

告白するべきか、しないべきか。

 

まぁ小なり大なり色々な事で迷う事は多々あると思います。

 

すぐ行動しなかったからジョギングに行けなかったレベルならまぁ良いんですけど、好きな人に告白するかどうするか迷ってるうちに別の人と付き合ってしまったとかになると、かなり後悔しますよね。

 

普段の小さな場面でも決断力・行動力って大事だと思うんです。

 

普段からそういう小さな場面でも悩む時間を少なくして、すぐに行動できるようにトレーニングしていけば大きな決断の時にもきっと役に立ちますから。

 

「後悔」って大体は「やらなかった」事の後悔だと思うんです。

 

中には「やってしまった」事の後悔も、もちろんあるんですけど自分の人生を振り返ると「やらなかった」事への後悔が非常に多い。

 

その時にもウダウダ悩んで、迷って、悪いイメージばかり思い浮かべて、結局何も行動せずある日に振り返って「あぁ、あの時に行動しておけば良かったなぁ…」って思う日々です。

 

人生の一大決心とかはたっぷり悩むべきだと思うんです。

 

進学・就職・結婚などは時間をかけて迷っても全然良いと思うんです。

 

ただ普段の小さな行動も悩んで迷って悪いイメージを浮かべて結局行動しないという事を続けると自分自身って変えていけないです。

 

基本的に人間は成功よりも、失敗して成長すると僕は考えています。

 

ひとつの事に悩んで決断できず行動しなかったら失敗の経験も出来ません

 

100回失敗しないと1回の成功は来ないと思ってます。

 

だからこそ普段の小さな決断でも迷う時間を少なくして、勇気を持って行動できる人間になるべきです。

 

迷う時間もスキマ時間になる

 

今回の経験で思ったのですが「迷ってる時間もスキマ時間になるな」という事です。

 

何かやりたい事があって「時間がないから出来ない」って思う人も多いです。

 

まぁブログで例えれば「スキマ時間を使ってブログを書いて毎日更新しよう!」などですね。

 

例えば今、この記事は通勤途中の電車の中でスマホで書いてます。これもひとつのスキマ時間ですね。

 

話を戻しますが「迷う時間を即・行動できるようになったら、もっとスキマ時間は増えるのでは?」という事です。

 

例えば普段通りにやれば数十分かけて悩んでたのを一分以内に決断できるようにしていけば、そこで1日に数十分のスキマ時間が生まれます。

 

ビジネスマンは年間150時間探し物をしてるそうです。

 

仕事で使う資料なり、人の連絡先などまぁ色々です。

 

迷う時間っていうのも言ってみれば「正解を探してる時間」って言ってもいいのではないでしょうか。

 

もしその時間を決断力と行動力で短縮できたなら、スキマ時間も増え、やりたかった事も出来るというメリットもあります。

 

なので迷うぐらいなら即・決断、行動して徐々に自分のスキマ時間も増やしていきましょう。

 

ではでは

´ω`)ノ