ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

人生で一番大事なのは「健康」だと8日経っても治らない風邪になって気づいた。

f:id:aozora31101:20180509232156p:plain

 

青竹です。

 

世間はゴールデンウイークも終わり

いつもの日常が戻ってきました。

 

実はゴールデンウイークが始まる前から

風邪を引きました。

 

 

ゴールデンウイークの間も

しっかり休んでるのに

8日間風邪が治りませんでした

 

 

この出来事で僕は気づきました。

人生で一番大切なのは「健康」だと

 

今日はそんな記事です。

 

 

 

回復力が落ちて、風邪が治るのに8日間!

 

ゴールデンウィークが始まる前に風邪をひき、

結果8日間風邪をひいてました。

 

せっかくのゴールデンウィークなのに、

風邪をひいてるせいで何をやっても疲れたままで、

充実した休みを過ごすことが出来ませんでした。

 

10代、20代の時より明らかに

体力と回復力が落ちています。

 

それで僕は気づいたわけです。

 

人生で一番大事なのは「健康」だと。

 

「健康」が人生で一番大事

 

僕は20代中頃にフルマラソンを完走した事があります。

 

shiritai1101.hatenablog.com

 

当時は実家暮らしのフリーターで、

時間もあったので、

禁煙もして毎日1時間ぐらい

音楽を聴きながらジョギングしていました。

 

この頃は「疲れた」って思うことが

本当に無かったです。

 

 

肉体的な疲労も、

精神的な疲労も今より少なく、

むしろ走れば走るほど

元気になっていった感じでした。

 

ところが正社員になり自由な時間も少なくなり、

ジョギングをすることが段々と遠のいていきました。

 

正社員になり責任も増え

イライラする日々が続いた結果、

喫煙習慣が復活してしまい

一日一箱吸うスモーカーに戻ってしまいました。

 

 

そして現在。

 

 

風邪はどんなに休んでも8日間は治らず、

10メートル走れば息切れし、

仕事でトラブルがあると

すぐにイライラしてしまう自分がいます。

 

「健康」はいつでもどこでも必要

 

健康になるってデメリットは無いですよね。

 

 

仕事が肉体労働でも頭脳労働でも

体っていうのは必ず使うわけです。

 

 

shiritai1101.hatenablog.com

 

 

ならその体、つまり健康を向上させることは

人生でとても大事でなことではないでしょうか。

 

 

「頭脳労働だから体力(健康)が無くても平気!」という方もいるでしょうが、

実は「運動が脳にも良い」というのが研究によって

常識レベルにまでなっています。

 

(筋トレなどではなく、持久走やサイクリングなどの有酸素運動が条件)

脳細胞が増える運動「3つの条件」 | プレジデントオンライン

 

なので、例え肉体労働が少ない職業でも

「健康」を目指してデメリットになる事なんて、

もはや無いわけです。

 

精神力も体力に比例する

 

体が弱ってる時は

心も弱ると思いませんか?

 

 

体力と精神力は比例するっていうのが僕の持論です。

 

よく「精神力が足りない!」と年上の人間に

叱られる事も人生で多かった訳ですが、

精神力の鍛え方って未だに分かりません。

 

ジョギングが習慣化し始めたころ、

毎日のコースのタイムが徐々に短くなっていき、

体力もついたときにふと気付いた事がありました。

 

それは、前よりイライラしたり気分が落ち込んだりすることが圧倒的に減った事です。

 

この頃は本当に「疲れた」って思う事が

ほぼ無かったですね。

 

こういう状態だと仕事も捗るし、

休日も休むだけじゃなくて

充実した毎日を過ごすことができます。

 

今は運動習慣も無くなり、

引きこもりよりちょっと上ぐらいの体力しか無くなってしまいましたが、もう一度ジョギングを習慣化してフルマラソンを完走できるぐらいの体力を得て人生を楽しく過ごしたいです。

 

また走るようになったら別の記事で書こうと思います。

 

青竹でした

(o'ω')ノでは