ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

ブログってちょっと前の自分に向けて書くのが一番いい。

f:id:aozora31101:20180501190021p:image

青竹です。

 


みなさんブログやってますか?

 


ブログをやってて日々の出来事を書いてますけど、

PV伸ばしたい人もいますよね。

 


今日は

「ブログってちょっと前の自分に向けて書いたら一番書きやすいのでは?」って記事です。

 

 

 

 

 

ペルソナとか言われても分からない!

 

ブログを書きはじめると、

慣れていない人はうまく書ける方法を知りたくて、ネットで検索なり本で調べたりしますよね。

 

そんな時に出てくる言葉が

【ペルソナ】を設定しましょう。という言葉。

 

ペルソナというのは簡単に言えば、

どんな人が読むのか設定するというもの。

 

  • 30代主婦
  • 都心に住んでて
  • 子供は2人
  • 趣味は近所のカフェ巡り

 

こんな感じで、その人物の特徴から人となりまで徹底的に設定して、それに基づいて商品なりを開発していくというもの。

 

ブログの初心者用記事でも、よくこの

「ペルソナを設定しよう」と言われてますけど…。

 

僕が知ってるペルソナなんてテレビゲームのペルソナぐらいですよ。

 

正直なところ書くことに慣れてないので

人物設定が分からない!!

 

いや、設定は出来るんです。

ただ「本当に30代都心の奥様の気持ち」を想像で把握なんて出来るのか?という感じです。

 

自分がいつも書く文章は

自分と近い年齢で自分と同じような立場に向けて書くことが多かったわけです。

 

ここでふと思ったわけです。

 

「あれ?ちょっと前の自分に向けて書くのが良いんじゃね?」

 

 

ちょっと前の自分に向けて書くと良い理由。

 

何故、ちょっと前の自分に向けて書くことが良いのか?

  • 実際に体験したことだから説得力がある
  • 似たような悩みを抱えてる人は必ずいる
  • ちょっと前の体験なので記憶も鮮明

 

などですね。

 

実際に体験したことだから説得力がある

ブログに「誰かの悩みを解決する方法」を書こうと思ったらウェブや本で調べたりなど色々方法はあります。

 

これでも悪くは無いですが、

ただ人が書いたり話したことを記事として作るよりも、自分で体験したことの方が説得力は増します

 

実際に自分にある悩みがあって、それを解決するために色々な方法を試した結果、上手く成功したことを書くと、とてもリアルな文章になります。

 

ある悩みを自分で試行錯誤して解決した文章というものは気持ち的にも自信を持って書けますし、

 

そういう文章は読んでいて、とても面白いです。

 

書く人の自信や確信などは、たかが文章ですけど滲み出るものだと僕は思います。

 

似たような悩みを抱えてる人は必ずいる

あなたがある悩みを解決するために、

検索して情報を調べたり、本を読み漁ったように、同じような悩みを抱えてる人は必ずいます。

 

あなたがある悩みを解決するために得た情報、知識をあなたなりの言葉でまとめると、同じように悩んでいる人にとって良い攻略本になります

 

shiritai1101.hatenablog.com

 

「自分の抱えてた問題なんて大したことない」

「こんな事、誰でも知ってる」

 

なんて思うかもしれませんが、

世の中そういう情報を知りたがってる人は必ずいます。

 

あなたが最近悩んでた事は、

必ず誰かが同じように悩んでいます。

 

その悩みを解決するためにあなたが得た知識、方法をウェブ上にアップすると誰かにとって役立つ「記事」になります。

 

ちょっと前の体験なので記憶も鮮明

 

人間の記憶って曖昧なもので、

数年前のことを鮮明に覚えてる人ってなかなか居ません。

 

トラブルがあったときに色々行なった行動もそうで、大雑把な事は覚えていても細かいものまでは覚えてないものです。

 

なので、最近あって解決したトラブルを記事に書く事で、記憶も鮮明で細かい事まで覚えているので、なるべく早めに書くのがベストです。

 

また最初から色々調べるのも面倒ですしね。

 

今日は「ブログってちょっと前の自分に向けて書いたら一番書きやすいのでは?」という記事でした。

 

青竹でした

´ω`)ノではでは