ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

飲み会は誰と飲むかで面白さが決まる

f:id:aozora31101:20180504014117j:plain

どうも青竹です。

 

僕は以前の職場がブラック企業で色々と苦しかった結果、転職して今は別の会社で働いています。

 

先日、歓迎会という事で、上司や同僚たちと飲みに行きました。

 

今日は飲み会は誰と飲むかで面白さが決まるという記事です。

 

 

ブラック企業の歓迎会は上司を歓迎する会

前の会社(ブラック企業)でも飲み会は頻繁にありました。

 

当然、入社した時も歓迎会があったのですが

 

歓迎会と言う名の

トラウマでした

 

  • ビールのラベルの向きで上司から説教
  • 酒の減りに気づいてなくて怒られる
  • お酌を全員にしなければいけない
  • 新人同士で即興のコントで滑ることを強要
  • 同じ時期に入ってた年齢が上の転職してきた人が女装で上層部を笑かす

 

なるほど。

歓迎会とは上司を歓迎する会なのか。。。とこの時は思いました。

 

当然そんな飲み会なので、

定期的にある飲み会も最高につまらなく

説教や無茶振りばかりの会で1ミリも楽しくはなかったです。

 

転職後の飲み会はどうだったのか?

 

そんな経験もあり、

アルコールが弱く、トークも苦手な僕は

歓迎会することになったから。の一言からガクブルでした。

 

そんな恐怖に怯えながら始まった歓迎会。

 

無茶振り・一発芸・上司の酒の減り具合に最大限に注意しながらも、しばらくするとある異変に気づきます。

 

あれ…?なんか普通に歓迎されてる…?

 

無茶振りも無ければ、説教もなく、

一発芸をやる必要もなく、

酒も自分のペースで飲ましてくれて、

美味しい料理も頂ける。

 

上司も過去の面白エピソード話を聞かせてくれるだけだし、同席していた部長に至っては手品まで披露して盛り上げてくれる

 

なんだこれ?俺の知ってる飲み会と違う。

 

最初はいつ無茶振りや、説教が来るかとすごい警戒してたのですがいつの間にやら普通に飲み会を楽しめてました。

 

会社主催の飲み会でこんなに楽しめたのは人生初の経験でした。

 

飲み会は誰と飲むかで面白さが決まる

 

僕は今まで飲み会の時期が近づくと憂鬱な気持ちになりながら、

「何とか頑張って2時間乗り切ろう…」って感じだったのですが、今回の飲み会はそんな事はなく気づけば5時間近く楽しい飲み会を過ごせました

 

 

僕の中で結論が出ました。

 

会社の飲み会=つまらない

ではなく

誰と飲むかで楽しさが決まると。

 

僕は本当に飲み会が嫌いだったのですが、

こんな飲み会ならまた飲みたいなー、と初めて思いました。

 

会社が変わるだけで、

飲み会一つでも楽しさ変わるんだなーと思いましたね。

 

普段飲まない人とも飲み会で語り合う事を「飲みニケーション」なんて言ってて、

僕は正直心のどこかでその言葉を馬鹿にしてたんですけど、

バッチリと飲みニケーションを実行してましたね。

 

その飲み会が終わってから、普段話さない人とも話しやすくなったしイメージと違うことが分かり話しやすくなったので仕事上のことでも潤滑に進むようになりました。

 

会社の飲み会も、上司によって良い飲み会と悪い飲み会になるんだなーと思ったそんな出来事でした。

 

青竹でした

´ω`)ノではでは