ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

自信が無いのは自分に嘘をついてるから

f:id:aozora31101:20180411233431j:plain

 

青竹です。

 

今日は

「自分に自信がなくて悩んでる」

という人のために書きます。

 

 

 

自信は「何か」があるからつく訳では無い

 

f:id:aozora31101:20180411233948j:plain

自信を付けるにはどうすれば良いか?

っていうのを考えた時に思い浮かぶのは

 

  • 人より能力がある
  • 人から認められる
  • 他の人が持っていない物を持っている

 

などがあるんですけど、

個人的にこれって自信なのかな?って思います。

 

能力があっても上には上がいるし

 

人から認められても、

その認めてくれる人が居なくなったら

自信は無くなるし、

 

人が持っていない物を持っていても、

その物が無くなってしまえば、

自信がなくなる。

 

それじゃ「自信」って何なんだ?って考えた時に出た結論が

 

自信=自分の今の生き方が好きでした

 

自信=自分の今の生き方が好き

f:id:aozora31101:20180411234259j:plain

 

どういう事かと言うと、

人より能力があったり、

人に認めてもらったり、

人が持っていない物を持ってるっていうのは

 

他人を基準に自信の有無が決まるからです。

 

あいつよりすごいから

私は価値がある。

 

あの人から認めてもらってるから

私は価値がある。

 

あいつが持ってない物を

持ってるから私は凄い。

 

これって他人がいなくなったら

同時に自信もなくなっちゃうんですよね。

だって比較して初めて自信が生まれるわけだから。

 

ならもしあなたが無人島に行けば自信は永遠に得られないのか?って事です。

 

能力があったり人から認められたりしたら

そりゃ一時的には自分を好きにはなれるでしょうけど、

 

でもこれってすごい不安定な自信なんです。

 

他人から認められた時に自信が得られるなら、

自分がやりたくない事も徐々にやっていくようになります。

 

そうして認められたい為に自分のやりたくない事を必死にやって、嘘をつき続ける。

 

他人から認められても、もう一人の自分は確実に知っています。

「こんな事、本当はやりたくない…」と。

 

いくら他人を騙せても自分は騙せないです。

 

他人からの評価が上がってきても、

自分に嘘をつき続ける自分を信頼は出来ないです。

 

自分が本当に求めてる生き方、

感じてる感情を出して正直に生きないと

自信なんて生まれません。

 

仮に自分自身がもう1人いるとして、

嘘ばかりついて、

楽しくないことを楽しいと言っても自分を信じることなんて出来ません。

 

自分の人生でピタリとハマるもの。

自分が本当に求めてるものと向き合う事が大事です。

 

自分が本当にやりたい事をやってる時に、

自信は生まれます

 

正直に生きて、苦難があっても

自分のやってる事は正しいと感じれる。

 

 

自分自身が楽しいと感じれる

人生を生きている。

 

 

自分の人生はこれでいい。と思えた時、

自分の人生を肯定出来て

分の人生をじれる

 

 

略して「自信」になるんだと思います。

 

 

本当は自分自身に認められたい

 

f:id:aozora31101:20180411234452j:plain

人から褒められたり、信頼されたりするのは

確かに嬉しいことで、その為に頑張ってる人も多いと思います。

 

でも本当にその人に認められたくて頑張っているんでしょうか?

 

その人に認められる自分を認められるから頑張ってるのでは?

 

 

本当に欲しいのはその人の評価なんかじゃなくて、

「人から評価される自分こそが価値があると思える」から頑張っていませんか?

 

あなたは本当は自分自身に認められたいんじゃないでしょうか

 

 

もしそうなら人の評価で

一喜一憂するなんて止めて、

自分にとって本当に大切な事は何かを考える時間を作って

少しずつでも改善していくべきです。

 

 

人からの評価で得られる満足感なんて、

一時的で不安定なもんです。

 

自分の事は好きになれなくても、

自分が今やってる事が好きで、

生き方が合ってて居心地が良い。

 

そんな風に周りを自分の好きなもので満たしていけば、

自分の人生を好きになれ、自信もついてきます。

 

自信なんて架空のもの。

 

ここまで自信について語ってきましたけど、

本来「自信」なんていうものは存在しないと思ってます。

 

自信があるから実行する、

自信がないから実行しない。

 

 

何だかこう見ると自信って、

「ただの鎖じゃないか?」って思うわけです。

 

 

やりたいからやる。

やりたくないからやらない。

 

の方がシンプルで良いと思います。

 

 

自信なんて過去の経験からの

確率論程度のもんですよ。

 

 

それもメンタルの弱い僕らは

その確率を低く見積もりがちですし。

 

 

すごい変な質問しますけど

あなたは「食事をするのに自信がありますか?」と聞かれたらどうですか?

 

「はぁ?」と思いますよね。

だって何万回と繰り返してることだから、

出来る出来ないじゃなくて、食うか食わないかのどっちかですよね。

 

まさか

「いえ…私は食事をできる自信がありません…」とか

「俺は食事をする事に自信があります!」とか答える人はいないでしょう。

 

日常のありふれたことなら自信なんて概念吹き飛ぶけれど、

自分がほとんど経験したこと無いものなら、

「自信」っていう価値観が付いて回るのって変じゃないですか?

 

だから自信って、ただの「経験則」なだけなんですよ。

もしくは「根拠のない思い込み」

 

「自信」なんてものがあろうが無かろうが、

やりたい事をやっていけばいいんです。

 

自信があるから、やるんじゃなくて

やっていくから、自信になるんです。

 

失敗したっていいじゃないですか、

他の人にバカにされたって、自分自身がバカにせず応援すれば良いんです。

 

失敗がなければ成長しないし、ドラマも生まれません。

 

 自信なんて無くていいから、自分にとって楽しいものを追求してください

 

まとめ

  • 自信は「何かを持っている」や「誰かから認められる」事で得られない
  • 自分の生き方、人生を肯定出来るようになれば自信になる
  • 自分に合ってない生き方で嘘を付き続けるほど自信をなくす
  • 自信なんて実は架空。自分に合った生き方で生きる事が大事。

 

青竹でした

・ω・ノ ではでは