ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

転職してから早4ヶ月

お久しぶりです。青竹です。

 

もう早いもので転職して4ヶ月経ちました。

ブログからすっかり離れて書き方も忘れてしまっていますが、久々に転職してからの近況や、前職との違いなどを書こうかなと思います。

 

前職との違い

前職はDTPデザイナーとして働いていて4年ほど、広告のデザインなどをやっていました。

チラシやポスターなど、クレジットカードの入会促進のデザインが多かったです。

 

過去記事でも書いていますが、4年間必死にやっても花開くことは無かったので、転職をする事にしました。

 

今は校正の仕事をしており、契約社員として働いていましたが無事に正社員登用されることが決定して一息つけたところです。

 

転職して実際の気持ちはどうなのか?

 

全く後悔してません。

 

辞めようと決意してから、前職の上司などからは

「どこに行っても同じ。」

「ここで逃げるやつはどこに行っても逃げる」

 

「もう30を超えてスキルも無いんだから転職なんて出来るわけがない」などと色々と言われました。

 

結果から言えば全くそんなことは無く、前職と全然違う、自分に合ってると思える仕事を出来ています。

 

僕は高卒でニートという空白期間もあり、30歳を超えて家庭を持って子供も1人います。

 

それでも未経験の仕事に応募して無事に正社員として採用されました。

 

 

ここで僕が転職して思う、前職との違いを色々と挙げていこうと思います。

 

・仕事

【前】デザインが思い浮かばず苦しい、午前中の時点で胃の痛みに襲われる

 

【今】充実している。毎日多くの仕事をさばいていって、またそれを、楽しいと思える。

胃の痛みも消えた。

 

・給料

【前】手取り20万いかず、ボーナスなし。残業代なし。サービス残業は仕事がなくてもしないとダメ。辞める頃に休日出勤を、定着させられそうになる(もちろん無給)

 

【今】前職より1.5倍ぐらい手取り増える。

ボーナス4ヶ月分。残業代は完全支給。

サービス残業はもちろん無し。

仕事が終われば、続々と帰る社内環境。

 

・人間関係

【前】ギスギスしている。数十人社内にいるのに全員無言でピリピリしている。

雑談しようものなら白い目で見られる

常に腹の探り合いをしているような人間関係

 

【今】皆それぞれやるべき仕事はやりつつも、雑談する時はする。メリハリが付いててギスギス感も無く、とても明るい人間関係。

 

ある程度挙げるとこんな感じですかね。

 

前の職場を辞めようと決意した時は本当に毎日が苦しくて、鬱病なのか常に謎の恐怖感に襲われていました。

 

ずっと誰かに見張られているような感覚で、精神科に行き薬を飲みながら働くような始末でした。

 

それが今では普通の精神状態でそれなりの給料で生きれるようになったのでやっと肩の力が抜けているところです。

 

石の上にも三年は嘘。

本当にこれだけは伝えたいんですけど、転職を考えてることを伝えると周りの人間が言う

「せっかく就職したんだから、とりあえず3年は勤めないと!」

 

「石の上にも三年って言うじゃない!もうちょっと頑張ろうよ!」などの言葉。

 

全く聞く必要無いと思います。

 

僕は3年どころか4年も石の上に居たので言う権利はあると思います。

 

石の上に4年居た結果どうなったか?

 

自分が石になりました。

 

心も硬くなり、体も動かなくなり、感情もだんだんと死んでいくような本当に石のような人間になりました。

 

「石の上にも三年」という言葉は今の時代に全く合ってないと思います。

 

大企業だってリストラや倒産もあり得る時代に、なぜ苦しみながら3年間も耐える必要があるのか?

 

耐える必要ないです。

 

本当に自分が大好きなもので、苦しいながらも「まだやりたい」という気持ちがあるなら、続けてもいいと思うんです。

 

でもそんな気持ちなんて無く、

ただ毎日が苦しくて、

朝起きた瞬間から憂鬱になり、

早く終わる時間になれと時計を恨めしそうに眺めたり、

俺ここで何やってるんだろう‥って思いながら働き続けるなら辞めてしまえばいいと思います。

 

それに耐え続けて心も体も弱って、自殺を考えたりするぐらいなら仕事やってる意味が無いです。

 

仕事はもちろんお金を稼ぐ為というのが大前提なんですけれど、でも自分が幸せになる為にするものでもあると思うんですよ。

 

それを老後の生活や、家族の幸せを優先しすぎて、今の自分の幸せを捨てるっていうのはなんだか間違ってると思います。

 

将来のために。将来のために。と働いていくのも大事かもしれないですけど、それを優先するあまり今、不幸になる必要はないです。

 

人間マジでいつ死ぬか分かりません。

明日あなたの乗る電車が脱線したり、道路を歩いてたら車が突っ込んできたり、今晩火事で焼け死ぬ可能性もゼロじゃないです。

 

僕は去年、ずっと一緒に暮らしてた祖母を亡くしました。

 

母子家庭だった僕の家で母親代わりとして毎日一緒に過ごした祖母を亡くしたのは、僕にとって言葉にできないぐらいの喪失感でした。

 

そんな出来事もあり、転職の決意に踏み切りました。

 

人間、本当にいつ死ぬかわからない。

 

自分の好きなことで耐えるならまだしも、嫌いなことで耐え続けて心を病んでそのまま死んでいくなんて嫌だと僕は考えています。

 

自分の心の声に従った結果、今僕は幸せになれてます。

 

石の上にも三年なんて糞食らえです、

せめて、ずっと歩き続けれるように

道の上に三年居ましょう。

 

青竹でした。また書きます。