Aリフレクション:ムーランフィルムレビュー

アニメーション映画を実写版に変える傾向があります。誇大宣伝は、人気のあるディズニープリンセスを生き返らせるように監督に影響を与えました。ディズニーのの最新の実写化 ムーラン は、古典的な物語をまったく新しいレベルに引き上げます。 

オリジナルの ムーラン 映画は1998年に公開されました。世界中で有名になりましたが、実際の素材を深く掘り下げることはできませんでした。多くの場合、商業的に成功した映画にはさまざまなレビューがあり、元の ムーラン 映画も例外ではありません。 

ファンと批評家は同様にアニメーションの古典を崇拝しましたが、その起源の点で不十分であると感じました。アジアのディズニープリンセスへの誇大宣伝は間違いなく希望を高めましたが、プロットの重い西洋の理想は、文化的なリセットであった可能性があるものを溺死させました。 

2010年には、オリジナルの実写版の話が ムーラン 映画のこのアイデアを有望なものにしました。ディズニーが映画の製作を公式に発表したのは5年後のことでした。多くの人が、実写映画にはより多くの中国の要素が含まれ、原作にもっと注意を払うだろうと疑っていました。実写映画はこれらの変化をもたらすことを証明しました。世界中のファンや批評家は、この映画が中国の伝説である木蘭へのより良い頌歌になる可能性がある理由をすぐに指摘します。 

元の映画に最愛のキャラクターがいないことは、世界中の多くのファンを失望させました。これは、性格の小さな変化がどのように彼らの発達に大きな違いをもたらすことができるかを示すためだけに来ます。 

実際の伝説では、Hua Mulanはロマンチックな愛の興味を持っていましたが、元の映画がそうであったようにそれは始まりませんでした。実際、Hua Mulanは中国の伝説であり、歴史上のいくつかの改作はHuaMulanの個人的な生活から作られました。 

明王朝の演劇は、ファ・ムーランが婚約していると述べましたが、彼女は軍に加わる前にそれを打ち切りました。これが本当なら、両方の映画化におけるこの物語はカットをしませんでした。実写映画は、代わりに陳紅慧という名前の群衆の中に新しい顔を紹介します。 

キャラクターは完全にムーランの運命の恋人であるように書かれていませんでしたが、チェン・ホンフイはトレーニングの主な競争相手としてムーランの個人主義と精神にさらに魅力を加えました。彼らは、変装した女性であるムーランが軍隊のどの激しい戦士と同じくらい強いことを意味するために彼の性格を作りました。

もう1つの大きな変化は、象徴的な相棒がないことです。ムーシューは実写映画でカットをしませんでした。元の映画の最愛の曲は、完全に楽器のスコアに置き換えられました。大きな変化は間違いなく批判の舞台を設定しましたが、実写映画はその敬意を表するビジョンにしっかりと立っていました。この点で、ディズニーの ムーラン は私たち全員に名誉をもたらそうとしました。 

はてなスターを3つ付ける理由は堺正章が原因だ。

はてなスターを3つ付ける人が非常に多く、なぜ、3つなのかとずっと疑問でしたが昨日の夜にその謎が自分の中で解けました。

 

今日はその謎について語ります。

 

はてなスターとは?

 

はてなブログをやっている人ならお馴染みの【はてなスター】

 

 

知らない人に説明すると、これはtwitterで言うところの「いいね!」に近いものです。

 

はてなスターには5種類ほどの色があり、課金をすることによってレアなスターを手に入れることが出来ます。

 

お気に入りの記事などがあれば最上級の紫を購入して最大の賛辞を記事を書いた人に伝えることが出来ます

 

ちなみに通常の黄色スターは

無制限に使えます。

 

本題ですが、ブログを書いていてはてなスターを導入していると何故かその黄色スターを3つ付ける人が非常に多いことです。

 

なぜ無制限に使えるはずのスターがあるのに3つなのか。ずっと疑問でした。

 

昨日の夜、その疑問が天啓の如く解けました。

 

全ては堺正章が原因です。

 

はてなスターが3つなのは堺正章が理由

 

今の20代後半〜40代の方は知ってる人も多いですが、堺正章の番組で「チューボーですよ」という料理番組がありました。

 

放送は1994年から2016年までと、実に22年間も続く長寿番組でした。

 

土曜の23:30からという恐らく大半の人間が休みの日でしたので知ってる方も多いと思います。

 

番組の内容は芸能人などのゲストを招き手料理などを作ってもらい堺正章の軽快なトークと共に最後に料理の美味しさの判定をするというもの。

 

ラストのこの料理の判定に使われていたのが、何と星の数で表現するというもの。

 

もし満点であれば堺正章はこう叫ぶ訳です。

 

「星3つ!!!!」

 

大きな声でそう叫ぶことによって、まるで星3つを取ることが100点、いやそれ以上の数字であるかのような印象を22年間に渡り堺正章は僕ら視聴者の潜在意識に植えつけてきた訳です。

 

平日働き続け、週末の気の抜けた深夜に近い時間帯に高らかに「星3つ!!!」という100点を超える印象を無意識に僕らは受けてきました。

 

そしてこのチューボーですよを見ていた視聴者の中にも当然はてなブログを始めた人がいる訳で、その中ではてなスターと出会いそのシステムを知ることになります。

 

自分のブログを書きつつ、他人のブログを読んで「いいね!」の代わりに星が付けれるこのシステムを実際に使用する段階で黄色スターが無制限に付けれる事にこの人間は気付きます。

 

気に入った記事なので、無制限なら多くのスターを付けようと多くクリックしようとするのですが、その瞬間なぜか3回クリックした所で指が止まってしまいます。

 

首を傾げながらも「まぁいいか」とそのままブラウザを閉じる訳です。

 

このクリックした人の潜在意識は実は巧妙な罠にかかっていたのです。

 

それは22年間もの長き日に渡って聞かされ続けていた堺正章の「星3つ!!!」の叫びによってその3つこそが満点中の満点という価値観を植えつけられていました。

 

無制限であるはずのはてなスターを3つで止めるのは、長きに渡り「星3つこそが最上級であり、それ以上は不要だしそれ以下では不足だ。」という価値観を植えつけられた事が原因です。

 

現在はてなユーザーの数は680万も居るそうです。

 

言うなれば680万人の堺正章が居るわけです。

 

そして今日もお気に入りの記事に対して、はてなスターを付けようとすると3つのクリックで止まってしまいます。

 

その時あなたの中に居る堺正章はこう叫んでいる事でしょう。

 

「星3つ!!!」